和歌と俳句

朴の花

匂ふなり遠き梢の朴の花 草城

朴散華而し逝きし茅舎はも 虚子

朴咲くや幹は夜より朝かなし 楸邨

朴咲く山家ラヂオ平地の声をして 草田男

風に乗り昇天の情朴の花 青邨

朴莟むひろ葉のかくすやすらぎに 爽雨

平らかにほとりのひろ葉朴莟む 爽雨

葉の上に花影を置き深山朴 林火

朴咲けり生とし生けるもの仰ぎ 波郷

主峯より風おろしきて朴散らす 林火

水明りの幹にただよひ朴散らす 林火

一面の古鏡たふとし朴の花 秋櫻子

夕栄もなく谿暮れぬ朴の花 悌二郎

朴の花安居に入れる天に咲く 林火

朴の花今年見ざりし命かな 波郷

白といふ厚さをもつて朴開く 風生

熱の目に旅のどこかの朴の花 楸邨

佛の地白雲下りしごとく朴 林火

朴の花大揺れ風を運ぶかに 林火

白珠に戻りし朴の花に月 林火

朴の花見て来て網戸入れにけり 秋櫻子

朴活けて壺の濡れいろ適ひけり 林火

朴の花びら踏んでおどろくそびらかな 楸邨

高野より西方に朴開きけり 青畝