和歌と俳句

長良川

又やたぐひ長良の川の鮎なます 芭蕉

鵜のつみもわすれん雪の長良川 支考

闇中に山ぞ峙つ鵜川かな 碧梧桐

長良川落鮎の水の顔がほてつて 碧梧桐

鵜飼見の船よそほひや夕かげり 虚子

鵜の川の迅さよ時の流れより 誓子

鵜篝は靡きてすすむ幡なして 誓子

鵜篝の早瀬を過ぐる大炎上 誓子

疲れ鵜が吾ゐる舟にみな上る 誓子

鵜舟曳く身を折り曲げて雇われて 三鬼

火の粉吐き突つ立つ鵜匠はたらく鵜 三鬼

はばたく鵜古代の川の鮎あたらし 三鬼

いわし雲細身の鵜舟ひる眠る 三鬼

昼の今清しなまぐさかりし鵜川 三鬼

揖斐長良木曽川を率て春立ちぬ 立子