和歌と俳句

桐の花

奥山に風こそ通へ桐の花 普羅

人来れば驚きおつる桐の花 普羅

花桐や越後の山に雪たまる 普羅

桐の花電線二本過ぎゆくも 誓子

桐咲けばサーカスあほぞらのみ鮮らし 林火

こころひもじき月日の中に桐咲きぬ 林火

雲うごき空腹うごき桐の花 楸邨

その下に黒猫ねむる桐の花 不死男

シャツ干され見てゐし桐の花かくる 不死男

桐の花下を走るに老つつあり 耕衣

過ぎし日を桐の花さゝげてゐてくれる 綾子

茶どころは桐咲く午後の簷の影 秋櫻子

桐の花北国の空いつも支ふ 綾子

水はけのわるきこのごろ桐の花 青畝

桐の花妻を天理に籠らせて 静塔

屋根低き生のいとなみ桐の花 綾子

野に向きて口あけば見ゆ桐の花 楸邨

思ひ出の褪せし日照らす桐の花 秋櫻子

貧しき家空地をかこみ桐の花 綾子

花桐に近山ひろく溪向ひ 蛇笏

諸枝の天に捧ぐる桐咲けり たかし

花桐や城址虚しき高さ保つ 多佳子

桐の花今に扉のなき三の門 悌二郎

井戸蓋に落ちかたまれる桐の花 立子

桐咲きて茶山に花のいのちあり 静塔