和歌と俳句

胡瓜 胡瓜もみ

子規
いわけなう日うらの白き胡瓜哉

子規
花のあとにはや見えそむる胡瓜哉

麦南
胡瓜もむエプロン白き妻の幸

彷徨子
棘ありて梅雨ばれの胡瓜大きく

蛇笏
神農にささげて早き胡瓜かな

彷徨子
胡瓜の虫つぶしにいでて雲を見る

山頭火
胡瓜の皮をむぐそれからそれと考へつつ

茅舎
胡瓜もみ蛙の匂ひしてあはれ

誓子
わが厨胡瓜刻みて午に迫る

虚子
客を好む主や妻や胡瓜もみ

虚子
取敢ず世話女房の胡瓜もみ

三鬼
老いは黄色野太い胡瓜ぶらさがり