和歌と俳句

キャンプ

けふ来たる海草中の青キヤムプ 誓子

美き雲にいかづちのゐるキヤムプかな 誓子

いかづちの夜空を離らぬキヤムプかな 誓子

高浪に眼をねむらざるキヤムプかな 誓子

おほばこの葉の焦てゐるキヤムプかな 風生

月に眠らぬキヤンプもあるや月を見る かな女

杉の木にキャンプのポスト掛けてあり 青邨

湖に飯盒漬けてキヤムプあり 誓子

キヤムプ寝て高嶺の雲は海となる 誓子

青く赤く燃ゆる星あるキヤムプかな 辰之助

キヤンプの火あがれる空の穂高岳 楸邨

梓川瀬音たかまるキヤンプかな 楸邨

嶺の星いろをかへたるキヤンプかな 楸邨

キャンプより漕ぎ出したるボートかな 青邨

落葉松西日のキヤムプ道の辺に 秋櫻子

星の夜の砂のしとねのキャンプかな 草城

青富士の裾のキャンプにめざめたる 麦南

闇にしてキヤムプの錘の金色に 誓子

洋杖が立てりキヤムプの平砂に 誓子

キャンプの子大王崎の濤を描く 野風呂

霧湧くやキヤムプに炊ぐ火を守りて 

落葉まつ西日のキヤムプ道の辺に 秋櫻子

露しづく柱をつたふキヤンプかな 鳳作

はひ松に郭公鳴けるキヤンプかな 鳳作

山垣とキヤンプの影と映るのみ 鳳作

しろがねのキヤムプの雫樹は聴けり 槐太

わが家よりキヤムプの為せることを見る 誓子

キヤムプ寝し地の一郭のしづかなる 誓子

明け知らぬキヤムプより人出で来る 波津女

キャンプ寝て月の西瓜の戸にころげ 爽雨

一碧の湖甘くするキャンプの餐 不死男

キヤムプして大黒鍋を負ひ帰る 誓子

キヤムプ畳みて扁平の布となる 誓子

安眠の上にキャンプを尖らしむ 静塔