■ 環境に優しい二酸化炭素を溶媒として用いることにより、グリーン・ケミカル・プロセッシング、
  環境負荷低減、脱有機溶媒などの社会的要請への実現が可能です !

抽出、除去/洗浄 詳細はこちら

乾 燥 詳細はこちら

● 有機溶媒を使わず環境負荷低減に貢献し、食品にも安全。
● 有効成分抽出(香料、色素他)、不純物除去(農薬、樹脂中
 不純物他)。ヘマトコッカス藻/アスタキサンチン
● 界面張力フリーで微細構造体 / 多孔質材料を乾燥。
● エアロゲル、カーボンゲル、粘土層間架橋多孔体、
 MEMS、半導体、レジスト(洗浄液)、食品(野菜)、
 漆遺物、ナノ粒子(分散液)、シリカエアロゲル

加飾 / 含浸  詳細はこちら

成 膜  詳細はこちら

● 浸透性を利用した微細構造体への含浸/注入。
● 有機高分子材料への機能性付与・含浸、染色。
撥水性付与
● 無電解メッキ触媒の含浸(フィルムシート・成形品、通信線)
● 電気メッキ(Pd膜)、転写(金属多孔体)、金属・絶縁薄膜(ウエハ)
ウエハ成膜

超臨界二酸化炭素の対象物別適用分野の例

● 上表の数値は、主要文献に示します。