超臨界 WEB セミナーのご案内  2022年8月24日(水曜) 13時30分 ~ 16時30分   [ ZOOM オンラインセミナー ]

 「食材・生体適合材から太陽電池・半導体分野などでの高機能素材の創出手段 」と称して、オンラインセミナー(有料)を開催します。
  ご興味のある方は、講師割引を送付しますので、このページの下記のメールアドレス よりご連絡ください。
 タイトル:超臨界二酸化炭素(CO₂)と工業的利用 ~基礎から適用技術の実際まで~ 何ができ、何が必要か?
 ポイント:スポーツフットウェアの世界的企業ナイキ社NIKEが、”製造革命”:「アスリートと地球環境の両方に貢献する」ためと称し、自然溶媒の超臨界二酸化炭素(CO₂)による新規染色技術 “ColorDry” を台湾で実用化展開したと発表し、アディタス社、イケア社も展開しています。
 新規高機能素材の創出を目的とした研究開発が、食品・医薬品・生体適合性分野、導電性付与・太陽電池・半導体なども含め樹脂・無機物・金属などの幅広い産業素材分野を対象に行われています。自然溶媒で環境に優しいユニークな超臨界CO₂流体の基礎特性と特異性を紹介し、海外で進んでいる実用化事例も含め、利用・適用分野を俯瞰します。神戸製鋼グループでの25年以上のプロセス開発・実用化開発での蓄積から、具体的な自社開発・適用事例を示し、実践経験に基づいた工業的利用時のプロセス開発の実際とポイントを紹介すると共に、新しい高機能素材創出のシーズ・ヒントを紹介します。
 ホームページで紹介している内容も含め、約三千倍のスケールアップ設計・プロセス実証・商業化の経験を踏まえ、実用化・工業化するために必要な構成技術、チェック項目に言及し、超臨界CO₂で何ができるか、何が必要かを紹介します。
受講対象者: ・高機能素材創出のための新規技術を探している方(食材、高分子材、化成品、無機材 他)     こちらを参照下さい
・新たな機能・付加価値を付与する技術を探している方(生体適合、導電、ホール材、コンポジット 他)
・環境負荷低減、脱有機溶媒化を検討している方(NIKE社推進の無水染色、皮革なめし 他)
・超臨界二酸化炭素とは何か、何ができるのか知りたい方 (自然界に多量に存在するユニークな溶媒)
・超臨界二酸化炭素の研究・開発を検討・推進している方(「想定外」でないプロセス構築 他)

超臨界流体NET への 委託業務、インフォメーション、お問合せ

 超臨界に関する委託業務、質問等がある方は、お手数ですが、以下のアドレスにメール下さい。
  メールアドレス: tech_supo@outlook.jp   【二つの◆は削除して発信下さい】

運営者のプロフィール
兵庫県神戸市に勤務のケミカルエンジニア。副業で大阪府内の超臨界流体装置メーカー、兵庫県内・岡山県内の超臨界以外のメーカー等に対し、インディペンデント コントラクター業務を実施中。
1979年から、一部上場会社のエンジニアリング部門でガスハンドリングプロセスの開発・設計・製作・運転を行ってきました。現在、その関係会社で、超臨界CO₂の委託業務、CO₂回収では無く、CO₂除去装置や窒素・酸素等のガスハンドリング技術の サポート業務を行うと共に、超臨界水・CO₂の設計・製作を行っている会社他のコンサルを行っています。
1985年から東北大学荒井先生他と勤務会社研究所が超臨界二酸化炭素の基礎研究を開始しました。運営者は、1990年から超臨界二酸化炭素CO₂を利用した抽出パイロット装置、商業装置の設計・建設を初め、超臨界水H₂Oも含めた研究開発・試験を行いながら、 多数の装置設計・試運転他を30年間行ってきました。その30年間に、小型試験装置から約3,000倍のスケールアップを行い、高温・高圧の超臨界水ケミカルリサイクルの実用化を世界で初めて実現すると共に、多数の超臨界流体のアプリケーション開発を実施してきました。
 その過程で、以下の賞、解説記事、特許などを受賞・執筆・出願し、セミナー/講演を行ってきました。
分離技術協会・分離技術賞「超臨界二酸化炭素による粗製アルコールの精製」@ 1995年 → 受賞対象技術の紹介
化学工学会・技術賞「超臨界水を利用した産業廃棄物のケミカルリサイクルプロセスの工業化」 @ 2001年 → 受賞対象技術の紹介
運営者執筆記事 26報、最新記事「自然溶媒の二酸化炭素を利用したセラミックス製造における超臨界二酸化炭素・脱バインダー技術」 @ 2018年 セラミックス1月号 → その他の記事は、こちらを参照下さい。
運営者の出願特許 44件 → 出願特許は、こちらを参照下さい。
運営者は、次のセミナー/講演を行いました :
※ CMCリサーチウェビナー:食材・生体適合材から太陽電池・半導体分野などでの高機能素材の創出手段:超臨界二酸化炭素と工業的利用@2022年1月、@2021年10月の計2回単独講師。2022年8月に3回目の講師の予定。
※ 情報機構開催セミナー:超臨界二酸化炭素(CO₂)と工業的利用(2013年~2022年・計6回単独講師)、
※ 繊維学会超臨界流体体研究会講演会@2008年講演、
※ 徳島化学工学懇話会講演会@2007年講演、
※ 名古屋工業試験所講演会@2007年講演
これまで蓄積してきたノウハウを中心に過去の知見・経験が皆さんへの何らかの参考になればと思い、本WEBサイトをバージョンアップしていきます。安価な費用で技術サポート/委託業務もしますので、何なりとお問合せ下さい !

右記にプロフィールを記載していますが、1990年から超臨界流体の開発、設計に従事、実用化のための試験計画立案も含めた日本国内でも数少ない、超臨界流体のエキストパートエンジニアで、現在、 超臨界含めたガスハンドリング技術のコンサルタント業務を行っています。
 多数の基礎試験立案・結果報告を行っており、商業化するためのF/S フィジビリティスタデイも得意としています。

安価な費用で、受託業務、コンサルタントも行っておりますので、下記内容を記載し、上記のアドレスにご連絡をお願い致します。

  ・会社名
  ・部署名
  ・氏名
  ・住所
  ・電話番号
  ・E-mailアドレス