和歌と俳句

青葉

曲つて曲る青葉若葉 山頭火

青葉の心なぐさまない 山頭火

ゆふぐれは子供だらけの青葉 山頭火

青葉ふかくいち高い樹のアンテナ 山頭火

ずんぶりぬれて青葉のわたし 山頭火

青葉の雨のしんかんと鐘鳴る 山頭火

もう明けさうな窓あけて青葉 山頭火

さらさら青葉の明けてゆく風 山頭火

街が灯つた青葉を通して遠く近く 山頭火

山は青葉して招魂碑いよいよ白し 山頭火

青葉まぶしく掌をひらく 山頭火

青葉に雨ふりまあるい顔 山頭火

人去れば青葉とつぷり暮れた 山頭火

まへもうしろも耕す声の青葉 山頭火

石に腰かけあほぐや青葉 山頭火

水が米つく青葉ふかくもアンテナ 山頭火

山は青葉の、青葉の奥の鐘が鳴る 山頭火

水音の青葉のいちにち歩いてきた 山頭火

風が吹きとほすまへもうしろも青葉 山頭火

青葉ふみわけてきてこの水のいろ 山頭火

灯れば青葉のしたしい隣がある 山頭火

よるの青葉をぬけてきこえる声はジヤズ 山頭火

ここからふるさとの山となる青葉 山頭火

逢ひたいが逢へない伯母の家が青葉がくれ 山頭火

那須嶽をふりさけ見ればふか谷に青葉若葉はもり上り見ゆ 茂吉

如来に図かけて句会や青葉寺 石鼎

病みて一人の朝となり夕となる青葉 山頭火

青葉からまともな陽となつて青葉へ 山頭火

家は青葉の中からアンテナ 山頭火

待つでもなく待たぬでもなく青葉照つたり曇つたり 山頭火

如法塔青葉若葉の翠微中 青畝

湯壺青葉光明皇后あれたまへ 茅舎

天碧し青葉若葉の高嶺づたひ 久女

ドアにわれ青葉と映り廻りけり 

青葉邃く道をかくすに誘はれぬ 林火

青葉揺れうごく光りと影に覚む 林火

雨落ちて来りし青葉ぐもりかな 万太郎

青葉邃しとりだす鏡潭に似て 節子

乳房ある仏像青葉の墓の前 草田男

路せばみ青葉若葉の香かな 立子

青葉よりひかりさし入る狛四体 秋櫻子

林閧ノ宙の眼をみる青葉時 蛇笏