和歌と俳句

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

茂吉
ふかぶかと 雪とざしたる この町に 思ひ出ししごとく 「永霊」かへる

茂吉
雪つもる 國の平を すすみくる 汽車をし見れば あな息づかし

茂吉
みそさざい ひそむが如く 家ちかく 来るのみにして 雪つもりけり

茂吉
ふる雪の 降りみだるれば 岡の上の 杉の木立も おぼろになりぬ

茂吉
馬ぐるま 往来とだえて 夜もすがら 日ねもすやまぬ 雪のあらぶる

茂吉
おもひきり 降りたる雪が 一年の 最短の日に 晴間みせたり

われとわが雪ゆり合へる竹数本 亞浪

もつれては宙に遊べる雪の翳 亞浪

わが友の来るも帰るも雪の伊賀 誓子

牡丹雪なれば韻きてつもるなり  草城

限りなく降る雪何をもたらすや 三鬼

地に消ゆるまで一片の雪を見る 三鬼

蟹の脚の毛に雪ふりぬ一二片 楸邨

宙にわく雪片一縷ののぞみつづく 楸邨

降る雪や襖をかたく人の家に 波郷

山鳥に翔たれつまづく雪の嶮 亞浪

かぎりなき雪道我を帰さざる 青畝

雪しきり海苔場にはなほひと残る 誓子

雪すべてやみて宙より一二片 誓子

雪垣に月明の雪濤の如く たかし

雪しんしん出湯こんこんと尽くるなし たかし

掘り出され裸の根株雪が降る 三鬼

煙突の煙あたらし乱舞の雪 三鬼

降る雪の空つづきにて海も降る 誓子

みな雪の沿岸太平洋に対ふ 誓子

降る雪の川の奔流見せず降る 林火

喘ぐ牛の重さが雪に印せしあと 楸邨

清瀬村医療区に鐘雪降り出す 波郷

癒らざる方へ打臥す雪降り出す 波郷

鰤の尾に大雪つもる海女の宿 普羅

浪割るゝ水平線に能登の雪 普羅

奥白根彼の世の雪をかゞやかす 普羅

夜の雪われを敗残者と言ふや 草城

われ咳す故に我あり夜半の雪 草城

雪降りつむ音なきものはつひにかなし 楸邨

一燈を消せば雪ふる夜の国 楸邨

雪ふりつむ紺にして書の手重りす 楸邨

雪ふりふる最後の一片たりえんと 楸邨