隅田川

和歌と俳句

隅田川

子規
隅田川 堤の櫻 さくころよ 花のにしきを きて帰るらん

子規
五月雨に 四方のながめも なかりけり 堤をゆする 隅田の川波

子規
なにしおふ すみ田の川の 川波の にごりて黒し さみだれの雨

子規
五月雨は いたくなふりそ 墨田川 水の濁らば いかがおよがん

子規
家々に ふすぶる蚊遣 なびきあひ 墨田の川に 夕けぶりたつ

子規
風そよぐ 隅田のあしの ふしの間に 夏の夜あけて 鶏やなくらん

子規
墨田川 かりのすまゐに 三たびまで みちたる月を ながめてしかな

子規
秩父てふ 峯より出づる 墨田川 かぎりしられぬ 戀もする哉

子規
いかにせん うき名を流す 墨田川 すみたる水も にごるならひを

一葉
咲く花もほのかにみえて隅田河いり江を暗し霞む月かな

子規
涼船 かひのしづくに しるき哉 隅田河原に いづる月かげ

子規
白魚や椀の中にも角田川

子規
白帆見ゆや黍のうしろの角田川

一葉
すみだ河いく朝露にぬれつらん桜の色に袖やそまると

葉桜はつまらぬものよ隅田川 子規

子規
隅田川流れを早みさし上る潮おしもどす五月雨の頃

子規
風起る隅田の川の上げ汐に夕波かづき泳ぐ子らはも

子規
何見ても昔ぞ忍ぶ中んづく隅田の夏の夕暮の月

子規
櫻さく隅田の堤人をしげみ白鬚までは行かで帰りぬ

子規
春の日の御空曇りて隅田川櫻の影はうつらざりけり

左千夫
天雲の切れめさやけみ月すみて隅田の水上雁なき渡る

左千夫
花ちらふ隅田の河原の寺島を雨ふりくれて蛙鳴くなり

左千夫
打渡す墨田の河の秋の水吹くや朝風涼しかりけり



東京 銀座 歌舞伎座 新橋演舞場 日本橋 明治座 本郷 湯島天神 六義園 団子坂 神田 丸の内 日枝神社 ニコライ堂 上野 上野動物園 寛永寺 根岸 不忍池 池の端 浅草 向島 長命寺 多摩川 武蔵野
葛飾 真間 印旛沼 九十九里 手賀沼
川崎 横浜 横須賀 三浦 城ヶ島 葉山 江ノ島 大磯 鴫立沢 鎌倉 由比ヶ浜 稲村ヶ崎 鎌倉大仏 長谷寺 鶴岡八幡宮 円覚寺 瑞泉寺 東慶寺 英勝寺 建長寺 寿福寺 円応寺 明月院 杉本寺 足柄山 箱根山