和歌と俳句

夕立

夕立の来むかふ樹々のひかりなく 辰之助

夕立来し樹々のにほひのたゞよへる 辰之助

樹々ふかく白樺澄めり夕立晴 辰之助

樹もれ日のゆたかに澄めり夕立晴 辰之助

駅馬路や夕立はるゝ鈴の音 麦南

翠巒を降り消す夕立襲ひ来し 久女

本降りに夕立降りは珠のごと 石鼎

音たてて大地うちきし夕立かな 石鼎

蹌踉と夕立を見てをられしが 茅舎

夕立をいのち嬉しきたゝづまひ 茅舎

夕立に濡れてはかはく四迷の碑 青邨

協会の鐘が鳴りつつ夕立す 青邨

夕立やかみなり走るとなりぐに 犀星

此谷を夕立出で行く吾入り行く 草田男

夕立の来てせはしなき厨かな 花蓑

牛も馬も人も橋下に野の夕立 虚子

夕立来ぬ峠路すでに雲の中 秋櫻子

夕立来て右往左往や仲の町 虚子

仏壇のともされてゐる夕立かな 林火

夕立の来るかと思ひまたゝくま 占魚

夕立のあとの虚しさ灯影の樹 草城

夕立や隣の竿の干衣 虚子

夕立に追ひ込まれ来し山の蝶 立子

夷鯛の刺身に夕立さかんなる 石鼎

朝夕立観世音寺の鐘は今 青畝

正午なる夕立白し真直ぐに 草田男

大夕立田川たちまち興奮す 草城

かをる白雨聖院乙女に白しぶき 草田男

祖国二分の神父と語る白雨の中 草田男

くどからぬ夕立に道濡れ友恋し 草田男

夕立の波打つ朴の樹紋かな 波郷

吊橋を渡る夕立の濡らせしを 林火

白雨いま蝉音七堂伽藍濡れ 林火