和歌と俳句

菫 すみれ

遠山もなき麦畑の菫かな 喜舟

山かげのしたしくなりし菫かな 槐太

畠畦や茶の木がもとの花菫 麦南

かたまつて薄き光の菫かな 水巴

天城越え褪せつつ菫つづきけり 水巴

壺菫伝通院の墳にかな 喜舟

その中にちいさき神や壺すみれ 虚子

すみれ咲く風にむせびて針葉樹 蛇笏

生きてゐる気のなくなりし菫かな 万太郎

背戸べりに菫ならびつ故山なる 犀星

うすぐもり都のすみれ咲きにけり 犀星

菫より濃きものはなし草の宿 青邨

かろいつかれのあしもとのすみれぐさ 山頭火

故里の小庭の菫子に見せむ 久女

摘みて来て白菫ぞとわが掌へ 石鼎

指につめば消えなんばかり白菫 石鼎

白秋
楢山に菫咲くとふその色のどれが菫ぞ見つつわかぬに

白秋
乾反葉にまじる菫をおぼつかな陽炎をのみ見つつあやなし

白秋
春田中ねもごろ人のいふ聴けばげんげは遅し菫いま咲く

白秋
うち見には枯山芝生春日照りねもごろ聞けば濃すみれ咲きぬ

甃あら菫咲き萌え 茅舎

目はなせば櫟に菫また隠る 汀女

すみれ咲く風にむせびて針葉樹 蛇笏

大いなる花の菫に夜明け来し 石鼎

径なくて篁くづる菫かな 楸邨

黒土にまぎるるばかり菫濃し 誓子

菫に雨刺の鉄柵隔てたり 不死男

屋根の菫道の真中に車井戸 草田男