和歌と俳句

短夜

短夜や百物語らちもなし 喜舟

短夜のあけゆくあはれありにけり 万太郎

短夜の隣の欠伸きこえけり 草城

短夜の灯をかぞへつつ二人かな 万太郎

短夜や笹の葉先にとめし露 淡路女

短夜や一輪生けて深山蓮 播水

短夜や露領に近き旅の宿 虚子

夜みじかき枕に落つる山の声 亞浪

短夜や二つの命妹背なる 喜舟

みぢか夜の潮さゐ家をおもはしむ 悌二郎

白き雲ゆくみぢか夜の嶺くらし 辰之助

短夜の扉は雲海にひらかれぬ 辰之助

短夜のほそめほそめし灯のもとに 汀女

短夜の河のにほへりくらがりに 草城

短夜や古人の句にも寝ぬ病 たかし

短夜のふとかずかずの思ひぐさ 石鼎

短夜のひとあり朴の花を活く 石鼎

みぢか夜の一と夜の湖が波を刻む 悌二郎

短夜の炉火のほとりに旅日記 たかし

短夜の死ぬるといふは眠ること 麦南

短夜の月の往還をとぶ蛙 石鼎

短夜の畳に厚きあしのうら 信子

短夜の明けてなほ灯くともしかな 石鼎

短夜の小風も添うて暁け雀 石鼎

短夜の明けちかみひそと月の暈 石鼎

短夜の永々し外は浄土なる 石鼎

短夜の三たびもめざめ暁遠し 石鼎

短夜や匍ひ出て潜る夢の淵 友二

月に出ては短夜の燭をかへりみる 蛇笏

短夜やほどけばすぐに絵巻物 青畝

短夜の水にうく灯のそれぞれよ 万太郎

みじか夜やおもはぬ方にうらばしご 万太郎

短夜や水をかづきて石たひら 万太郎

短夜の明けてなほ灯くともしかな 石鼎

短夜を乳足らぬ兒のかたくなに しづの女

短夜や乳ぜり泣く兒を須可捨焉乎 しづの女

短夜をねむらんと思ふ眼をとづる 占魚

みじか夜や劫火の末にあけにけり 万太郎

蜑の子や沖に短かき一夜寝て 誓子