和歌と俳句

大寒

大寒や下仁田の里の根深汁 鬼城

大寒やあぶりて食ふ酒の粕 鬼城

大寒や羊羹残る皿の底 龍之介

薬のんでは大寒の障子を見てゐる 亞浪

大寒やしづかにけむる茶碗蒸 草城

大寒の天気つづきの檜垣かな 風生

大寒の狭庭に花もなかりけり 石鼎

大寒にまけじと老の起居かな 虚子

大寒と敵のごとく対ひたり 風生

大寒の四十雀樹へつと帰る 石鼎

大寒の野にみじんなし枯れ芒 石鼎

大寒の埃の如く人死ぬる 虚子

大寒のただ中にある身の廻り 風生

大寒の雲厳かに夕焼けたる 風生

大寒の下品下生のおんみこれ 茅舎

大寒の入日野の池を見失ふ 秋櫻子

大寒や城壁めぐる朝餉前 波郷

大寒の河みなぎりて光りけり 信子

大寒の古りし手鏡冴えにけり 信子

大寒や君が負ひたる太柱 楸邨

大寒の猫蹴つて出づ書を売りに 三鬼

大寒のトンネル老の眼をつむる 三鬼

大寒や襟巻をして褥中に 草城

大寒ときくや時計のネヂ巻きつゝ 綾子

大寒や半天の碧玲瓏と 草城

大寒やなだれて胸にひびく曲 波郷

大寒や怒りて叫ぶ墓見えつつ 波郷

大寒や机に寄りし胸しびれ 林火

大寒の靄に日出づる防波堤 秋櫻子

富士つゝみ立つは大寒の入日雲 秋櫻子

大寒をただおろおろと母すごす 林火

船組むや大寒の沖細明り 三鬼

大寒の富士へ向つて舟押し出す 三鬼

大寒の死霊を招く髪洗ひ 鷹女

大寒の寂と瓊瑶世界かな 風生

大寒の吹けばふくほど帆が白し 双魚

大寒に入らむと町の空古るぶ 双魚

考へる鰐大寒といふしじま 不死男

一輪にして大寒の椿朽つ 爽雨

大寒の紙縒一本座右にとる 爽雨

大寒の退院大き巷へと 爽雨