和歌と俳句

新涼

大富士のはるか下雲涼新た 蛇笏

新涼やとり散らしある二三冊 万太郎

新涼の淵は影あそぶ魚もなし 秋櫻子

新涼やさらりと乾く足の裏 草城

新涼や芝這ふ如く雨到る 立子

新涼の雲堂塵を許さざり 秋櫻子

新涼や禅宗坊主美しく 青畝

遠眼にも園新涼の岩の縞 爽雨

新涼や死んだ女房の一周忌 万太郎

闇の米うりにくる涼あらたなり 万太郎

新涼や起きてすぐ書く文一つ 立子

新涼の咽喉透き通り水下る 三鬼

新涼の水に老けたり水馬 青畝

新涼や約束の不意の客 立子

新涼や山荘の餉の生野菜 立子

新涼や人老い湖に齢なし 風生

新涼や臥言につづく深睡り 波郷