和歌と俳句

藤の花

藤咲ける襞も夜明くる浅間山 普羅

深山藤蔓うちかへし花盛り 普羅

深山藤風雨の夜明け遅々として 普羅

藤さげて大洞山のあらし哉 普羅

ふぢ白し尾越の声の遠ざかる 普羅

藤浪に雨かぜの夜匂ひけり 普羅

風澄むや落花にほそる深山ふぢ 普羅

窗の樹や藤たかだかと濃むらさき 蛇笏

山猿をのせてゆらめく藤の花 青畝

山の藤見て来て鉄路跨ぐかな 誓子

藤を見て来しが電燈黄に点る 誓子

藤の房しばらく赤き西日さす 誓子

飢ふかき一日藤は垂れにけり 楸邨

藤さかり今がさかりと思へりし 綾子

藤はさかり或る遠さより近よらず 綾子

藤揺れて朝な夕なの切通し 汀女

月はなほ光放たず藤の房 誓子

藤房を寸断にせし子と帰る 誓子

大河に逆浪たちて藤咲けり 誓子

藤咲いて背合せに佛立ちたまふ 秋櫻子

野の窪の木立匂ふは藤咲ける 秋櫻子

寧楽山は藤咲けるなりくもれども 秋櫻子

谷の藤ゆらぐわが息しづめをり 波郷

手繰る藤素直に寄り来藤ちぎる 多佳子

藤すでに花うしなへり雲しろく 万太郎

夕鴉眠らむとす藤暗ければ 青畝

藤垂るる淵にぞ行をとどめたる 爽雨

懸崖の藤のをりをり揺れうすれ 爽雨

青岸渡寺堂塔映えて藤咲けり 秋櫻子

藤散るや瀬音づくりに岩は老ゆ 不死男

篠原の風にもつるる藤懸り 青畝

藤昏るる刻の浪費をし尽して 多佳子

やはらかき藤房の尖額に来る 多佳子

生きてゆく時の切れ目よ藤垂りて 多佳子

わが頭上無視して藤の房盗む 多佳子

藤盗む樹上少女の細脛よ 多佳子

藤こぼれ厳きつめたき石の椅子 不死男

尼僧きて藤のむらさきくもりけり 不死男

むらさきの藤房死者の忘れもの 不死男

藤房にかへらぬ花の散りこぼれ 静塔

藤垂れてこの世のものの老婆打つ 鷹女