和歌と俳句

畑打ち

ただ一人やまに向ひて畑打つ 虚子

磧来てやがて畑打つ人となりぬ 喜舟

夕陽にもゆる顔あけ畑打 泊雲

畑打つや土よろこんでくだけけり 青畝

江の島やかかるところに畑打 風生

天近く畑打つ人や奥吉野 青邨

相よりて夕づく塊や畑打 禅寺洞

畑打や池田の鯉を手捕つたり 誓子

畑打に藪のかがやく風日和 草城

畑打や影まねびゐる向ふ山 不器男

畑打に沼の浮洲のあそぶなり 不器男

畑打の鍬のかゞやきばかりかな 爽雨

女ものぬぎたゝみあり畑打 爽雨

それでも腹いつぱいの麦飯が畑うつ 山頭火

祖先よりうけ居る山に畑を打つ 石鼎

畑打の草根拾うてすてて居り 石鼎

畑打も女が多し南伊勢 虚子

畑打つもかりかり岩の土掻いて 楸邨

山畑を打つや大きくうつむきて 青畝

鍬かつぐ男女ゆき合ひ畑打 虚子

畑打つて飛鳥文化のあととかや 虚子

山畑や鍬ふり上げて打下ろす 虚子

能登の畑打つ運命にや生れけん 虚子

畑を打つ吉野の谷へ俯向きて 誓子

働くは光るよ砂洲の畑打 林火