和歌と俳句

蚊遣り 蚊遣火

眠たうてあごのまろさや蚊火の妻 草城

埒もなや蚊火焚く妻の大あくび 草城

たましひのさびしくいぶる蚊遣かな 草城

蚊遣火やみすぎよすぎの裏長屋 草城

土砂降りのいよいよ烟る蚊遣かな 万太郎

蜑が家の軒並ひくき草蚊遣 野風呂

蚊遣火の煙の末をながめけり 草城

みづうみに月のさしたる蚊遣かな 草城

蚊火げむり哀しきひとをかくしける 草城

月雲をいづれば燃ゆる蚊遣かな 不器男

炎々と蚊火見えそむる運河かな 青畝

蚊遣火のなづみて闇の咫尺かな 蛇笏

遠蚊火に見ゆる二人のやさしさよ< 青畝

翠微より蚊火の起居のうかむ時 青畝

遠蚊火がよべもこよひも小火のごと 青畝

蚊遣焚く家やむつまじさうに見ゆ 虚子

藺田を刈るさ中の駅の蚊遣かな 爽雨

峡の空高く真青なり蚊火焚けば 楸邨

黒部川発破とどろき蚊火暮れぬ 楸邨

蚊火煙月の襖にうつりけり 花蓑

蚊火それて灯が宝玉となりにけり 青畝

蚊火足して若者ばかり泊り客 

蚊遣火のなびけるひまに客主 虚子

遠蚊火のふと人影に遮ぎられ 林火

家中に蚊遣火の紅ただ一点 誓子

蚊火の妻二日居ぬ子を既に待つ 草城

蚊やりの香枕ひくくて眠られぬ 万太郎

沖の火のみえずなりたる蚊やりかな 万太郎

わが枷によろこびもどる牛に蚊火 爽雨

木曾人や蚊遣を腰の畑仕事 林火