和歌と俳句

燕 乙鳥

つばくらめ飛び交ひ霜は花咲けり 普羅

沓掛のつばめ早起き朝菜摘み 普羅

助六の素性よく知るつばめかな 万太郎

燕来て山家に鳴けば春祭 秋櫻子

幾万の飢つのる目ぞ燕 楸邨

燕に目覚め近づく頬赤らむ 知世子

茂吉
うちわたしいまだも雪の消えのこる最上川べに燕ひるがへる

人はいさ群れとぶ風の燕かな 万太郎

飄飄と那智の燕や霽れむとす 青畝

鎌倉といひてもひろき燕かな 万太郎

丘飛ぶは橘寺の燕かも 秋櫻子

夜燕はものやはらげに羽ばたきぬ 青畝

つばくろや人が笛吹く生くるため 不死男

櫓を竿に替へれば港つばくらめ 真砂女

燕待つ病室人を通さずて 波郷

燕吾子の頭上に群るるらし 波郷

燕飛ぶ空とおもひぬ雨ながら 石鼎

雲際に燕や遠し檐高く 石鼎

病室に巣箱作れど燕来ず 波郷

つばくらめ父を忘れて吾子伸びよ 波郷

名物の無事よろこべる燕かな 万太郎

咽喉疼き旅寝や燕吻づくる 多佳子

富士をこえみづうみをうつはつ燕 蛇笏

燕来て夫句下手知れわたる 鷹女

つばくらや我が家ならねば逐はるべく 鷹女

燕むれは春ゆくヨットの帆 蛇笏

ともるより妖しき光りつばくらめ 蛇笏

燕来て翼やすむる去年の蘆 秋櫻子

燕来る戦後版紙赤く褪せ 誓子

新燕を空にとどめて嫁きがたし 静塔