和歌と俳句

石蕗の花

万太郎
ふつつりと切つたる縁や石蕗の花

鷹女
つはぶきはだんまりの花嫌ひな花

茂吉
いくたびか時雨のあめのかかりたる石蕗の花もつひに終りぬ

鷹女
人は喪に真冬のいろを上げし石蕗

鷹女
石蕗咲くと凡俗出でて彷徨へる

風生
石蕗黄なり文学の血を画才に承け

石鼎
雨に照り日に濡れ石蕗の花崇し

楸邨
石蕗咲けりいつも泥靴と並びたる

秋櫻子
手賀沼の澄む日をかさね石蕗咲きぬ

鷹女
石蕗真つ黄一茎を剪り壺に挿す

立子
老犬の日向たのしむ石蕗黄なり

素逝
花石蕗にさしてうす日やかげりがち

汀女
母我をわれ子を思ふ石蕗の花

誓子
虻よんで倦むこと知らず石蕗の花

万太郎
石蕗咲けりけさしぐれたるあときえず

万太郎
みまはして石蕗の黄のさてにぎやかや

秋櫻子
磯釣の巌は浪あらふ石蕗の花

万太郎
瀧落つるところに石蕗の黄ありけり

立子
植ゑ移す花ある石蕗を鍬の上

万太郎
石蕗の花唐にもありしためしかな

秋櫻子
鯉とゐる疾き魚影や石蕗の花

秋櫻子
石蕗にねむるミカエル弥吉ガラシヤまり

虚子
石蕗咲いて時雨るゝ庭と覚えたり

立子
石蕗咲くや朝から少し肩こりて

万太郎
引つ越して来て雨ばかり石蕗の花

万太郎
半生の暗き半面石蕗の花

秋櫻子
江の奥にふかき江澄めり石蕗の花

波郷
病まぬ生より病める生ながし石蕗の花

波郷
石蕗散れり入院の帯纏き立てば

静塔
硝子戸の中の文藻石蕗の花

耕衣
荘子まで出てくる雨や石蕗の花