夢惑う世界 終わりに<夢の夢>
夢惑う世界5.3 履歴
日 付 記 事
940 2020年5月31日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その586 もうすぐ開花クジャクサボテン」追加
30℃近い日が現れ始めた。今日も真っ青な空が広がっていて、30℃近くまで気温が上がりそうである。明日からは6月、チューリップは終わりアネモネも終わりに近付いて来て、初夏の花がまもなく開き始めそうである。
トンボたちの画像処理をほんの少しずつだけど進めている。もうすぐ開花しそうなクジャクサボテンは、開花を終え、昨日萎れてしまった。白い花の品種アパロであった。家の中にある鉢は、クジャクサボテン一鉢だけになりそうである。
939 2020年5月24日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その585 フクシアの越冬」追加
今日の天気予報は、曇りのち雨であるが、今のところ晴れ間が広がっている。何とか午前中は晴れないかなと思いながら、洗濯物を外干しした。風も昨日までは強かったが、今はほぼ凪いだ状態となっている。しばらく降っていない雨も、しっかり降って欲しい。
トンボたちの画像処理を始めたが、ほんの少しずつしかできそうにもない。少しずつでも進めてゆくしかない。今日か明日には、部屋に置いていたハイビスカスを外に出す予定である。晴れてない日に外に出せば、葉焼けも防げるかなと思っているが。
938 2020年5月17日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その584 黄色いチューリップ」追加
また寒気が入って来ている。しばらくの間は、平年以下の気温になりそうである。今日も曇り空、やはり陽が射さないと温かみは感じられない。ハイビスカス一鉢を外に置いているが、今週枯れることがなかったら、来年の外置きの目安になりそうである。
画像処理を、ほんの少しだけれど始めた。まずは追加撮影した分を始めている。最近は花壇の世話に時間が取られていると思っているが、生き物の世話はこんなものだろうと諦めている。もう少し手抜きをすることができるほど、知識を得る必要がありそうだ。
937 2020年5月10日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その583 スイセン」追加
久し振りに今日は、一日雨になりそうである。かなり花壇の土も乾いて来ていたので、ちょうどいい按配である。花の準備もいろいろ考えていたけど、やはり素人、ほとんど上手くいかなかったようだ。
画像処理が全く進んでいない。ときどき東洋区のハムシの同定をしているが、少しずつしかできないでいる。花壇の手入れに時間が取られることも、虫さんたちのことができない原因でもあるが。
936 2020年5月3日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その582 ミニチューリップ」追加
5月になって、20℃を超える日が出てきた。今日、チューリップも最初の一輪が開き、春の花も勢揃いしそうである。でもまだ、春の花壇の作業は終わっていない。プランターや鉢植えの整備もしなくてはならない。
標本の追加の撮影を、やっと終えた。2階の標本室に片付けたら、今回の冬の作業を終わりにする。これからは、画像処理とずっとしてこなかった昆虫資料による虫さんたちの同定作業をすることになる。
935 2020年4月26日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その581 何の花?」追加
どんよりした曇り空が広がっている。朝の冷え込みは、ほぼ解消してきたようだが、まだ日中はひんやりして肌寒い。昨日、春植えの球根を植えた。ただ、時間が足りなかったのでダリアの球根はまだである。2〜3日中に植えなくては。
昆虫たちのデータ整理が、なかなか進んでいない。撮影追加分もしなくてはならないが、時間が取れないでいる。もう4月も終わり、暖かくなりそうな5月になる。標本の画像処理もしなくてはならないのだが、一つずつ片付けて行く他ないだろう。
934 2020年4月19日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その580 ヒアシンスの2芽」追加
春の天気であろうか。なかなか天気が安定しない。今日は、運よく青空が広がって、気温も上昇しそうである。ただ明日からの一週間は、毎日のように天気予報では雨のマークが出ている。今年は花壇に、早く球根を植えようと思っているのだがどうしようか。
この冬のデータ収集で、撮影が見落とされていたのを撮影しなくてはならないことに気が付いた。なかなか時間が取れないが、5月初旬までには済ませたいと思っているが、どうなるだろうか。これからちょっと庭に出るつもりである。
932 2020年4月5日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その578 春うらら」追加
久し振りの青空が広がっている。ただ気温がちょっと低い。天気予報では4月は、気温は高めだったのだが、まだ暫らくは気温は低めに推移しそうである。花壇の整備が、なかなか進んでいないが、これから午前中、ちょっと整備をする。
新熱帯区のタテハチョウたちのデータ収集、残り分をやっと昨日終らせた。今回は、前回の3分の1程度になってしまった。このままだと、いつ終わるか見当が付かなくなってしまった。ぼちぼち進めて行くしかない。
932 2020年4月5日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その578 春うらら」追加
今日から一週間は、天気予報から晴れのマークが消えてしまった。もしかしたら洗濯物を、外干しできなくなるかも知れない。北海道では、一週間も晴れないということはないので、多分そのうち晴れるだろうとは思っているが、さてどうなるだろうか。
新熱帯区のタテハチョウたちのデータ収集、やはり進んでいない。中途半端になっている一箱だけは終わらせて、今回のデータ収集は終わりにしようと思っている。これからは、昆虫の画像処理とお花の世話にいそしむことになりそうだ。
931 2020年3月29日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その577 クロッカスから」追加
青空が広がっているが、気温は平年並みだろうか。明日からは、少し気温が上がりそうである。3月ももう終わり、待ちに待った4月が始まる。外では、私の所にはないが、黄色い福寿草が咲き始めている。
新熱帯区のタテハチョウたちのデータ収集が少しだけ進んだ。あと3箱だけしようと思っているが、それさえもちょっと怪しい。2階のフリージアは、もやしのようだが4株だけ赤や黄色の花を咲かせて満開である。
930 2020年3月22日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その576 花壇の雪その2」追加
今朝は、快晴の朝だった。3月中に洗濯物を外に干すのは、初めてと思うが、今週は外干しを始めた。今日も、洗濯物は外干しである。でも、午後は雨になるとのこと、明日明後日は、気温が低くなる三寒である。。
庭の雪融けが進み、花壇の整備に追われて、新熱帯区のタテハチョウたちのデータ収集は進んでいない。あれもこれもやるというのは、なかなか厄介である。今日、2階のフリージアがひょろひょろと伸びた茎の先に咲いた。
929 2020年3月15日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その575 花壇の雪」追加
今日は青空が広がっているが、三寒の最中であまり気温は上がらない。次の四温で、多分今週中には庭の雪も融け、花壇の土も見えてくることだろう。去年よりちょっと遅くなりそうだが、気温は高めに推移すると思われるから、草花の成長も早まるだろう。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集が終わり、新熱帯区のタテハチョウたちのデータ収集を始めた。多分、今回のデータ収集はタテハチョウたちの途中で終わりそうである。これまでで一番処理数が少なくなりそうだ。
928 2020年3月8日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その574 クロッカスの芽」追加
今日からの4日間は、10℃前後の暖かい4月の気候になりそうである。70センチほど積もっている花壇の雪もかなり融けることだろう。その後の三寒も雪が融ける気温になりそうなので、この一週間で先が見えそうである。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を少しずつだけど進めている。今日は、このあと庭の雪を融けやすくするために雪割をするつもりである。日が射してきたので、気温はどんどん上がってくるだろう。
927 2020年3月1日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その573 札幌のフリージア」追加
今日もまた、雪が降っている。春の雪なのだが、平年より暖かいという気温は、まだもう一つ物足りない日が続いている。ただ2週間もすると、この雪景色もがらっと変わると思っている。雪は融けてなくなってしまっていることだろう。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を進めている。ジャノメチョウたちのデータ収集は、中旬までに終わらせたいと思っているが、さてどうなるだろう。その頃には、花壇の整理を始めることになりそうだ。
926 2020年2月23日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その572 湿った雪」追加
2月下旬になったが、最近は、なかなか暖かくならない。平年よりは暖かいのだろうが、雪を融かすには、まだ物足りない。2月中は、こんな天候が続きそうである。3月に入ると、待ったなしの雪融けが始まるだろう。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集が、少しだけど進んではいる。今冬中にジャノメチョウたちを終わらせて、何とかタテハチョウたちに進みたいと思っている。このままだと次も新熱帯区のチョウたちが終わらないかも知れない。
925 2020年2月16日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その571 極端な冬」追加
金曜までの3日間の暖かさで、それ以前に降った雪がかなり融けた。そして今日も、これから雪が降るとのことである。ただ、これからの雪は春を告げる雪なので融けるのも早い。三寒四温はまだのようであるが。
昨日、やっと新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を再開した。またぼちぼち進めてゆくだけである。早速、撮影をするのを見落としていた標本があった。データ収集の終わりに、それらを撮影することになる。
924 2020年2月9日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その570 プリムラ・ポリアンサの冬」追加
多分、今朝はこの辺りは―15℃以下になったであろう。トイレは、―1℃であった。この一週間で外は、冬らしい雪景色になった。今は、日射しが射し込んでいるが、今日の最高気温は―7℃である。
相変わらず、新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集が進んでいない。住民税の申告書を作成している。いろいろすることが増えてくるので、こればかりは仕方がない。多分、これが終われば、またデータ収集を始めることができるだろう。
923 2020年2月2日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その569 冬半ば」追加
2月に入ってこれから1週間は、真冬らしい寒い日が続きそうである。寒いと言っても、これが平年並みであろう。多分、これが過ぎると三寒四温が始まるのではと思っている。雪は、まだ少ない状態が続いている。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集が全く進まなかった。でも今週は、少しは進むだろう。園芸の方もいろいろ調べることが増えて来て、雪融け後に早く備えなくてはならなくなっている。今年は、どうなるだろうか。
922 2020年1月26日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その568 冬の花」追加
今、一年で一番寒い時期である。昨日今日とかなり冷え込んでいるが、今冬はまだ―10℃を下回ったことはない。明日からはまた、最高気温が0℃程度となり、これから一月間の予報も平年より暖かくなるとのことである。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を続けている。1日ほんの数時間しか取れないので、少しずつしか捗らないが、確実に進めてはいる。今回は、あと2ヶ月ちょっとジャノメチョウたちは終わるかな?
921 2020年1月19日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その567 暖冬気味?」追加
今日も晴れ上がって、穏やかな日になっている。今晩から明日にかけて、今冬2度目の北海道における南岸低気圧が通り抜けそうである。今回は、前回より低気圧が北海道に近いので、雪が今冬一番降り積もるかも知れない。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を行っている。ラベルの書き直しも多いが、なかなか時間が取れない中では、作業もなかなか進まないが仕方がない。いつもの通り、マイペースである。
920 2020年1月12日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その566 春を告げる低気圧?」追加
平年だと、一日中氷点下の真冬日に入った。これから5週間余り真冬日が続く。ただ今冬は、まだ−10℃に達した日がないし、雪も10センチも積もっていない。今日も、青空はないが穏やかな一日になりそうである。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を、ぼちぼち進めているが、なかなかまとまった時間が取れないので、いつ終わるか見当が付かない。でもいつかは終わるだろうと思って進めてゆくしかないだろう。
919 2020年1月5日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その565 雪不足」追加
年末年始に10センチほど積もった雪が、少しづつ少しづつ減ってきた。これから一週間も雪は少なそうである。今日も、今のところ青空が広がっている。これからひと月は。予報だと暖かくなるとのこと。
新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を、やっと昨日再開した。久し振りに、チリギンジャノメを見ていた。この作業も、あと3ヶ月半あまりなので、このペースだとそれほど進みそうもなさそうである。
918 2019年12月29日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その564 大掃除」追加
昨日の朝、久し振りに雪が15センチほど積もっていた。多分これで、札幌はお正月らしい元日を迎えることだろう。今日は、青空が広がって清々しい。室内では、ブーゲンビリアとハイビスカスの花が咲いている。もうすぐ令和元年も終わる。
今週は、家の大掃除をしていたので、新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集を始めたが、ほとんど進んでいない。まあ年末年始は、ぼちぼち進めるだけである。真冬は、1月2月だけである。これからなのに、あともう少しと考えている。
917 2019年12月22日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その563 プリンタ不調?」追加
また無くなっていた雪が、今朝薄っすらと1〜2センチが積もり真っ白な雪景色になっていた。これからは真冬日が続くので、然程融けないだろうが、これぐらいの雪では、また消滅するかも知れない。でも正月には、雪が積もっていることだろう。
新熱帯区のマダラチョウたちのデータ収集が終わり、新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集が始まる。しばらくは、このような状況であろう。ラベルに確かな名前も書き込んだので、標本箱内も並び替えの整理をしたいのだが、今は、そんな時間がない。
916 2019年12月15日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その562 雪は何処へ」追加
今朝、久し振りに5〜6センチ新雪が積もり、真っ白な銀世界になっている。ただ明日から3日間暖かくなるので、この雪も融けてしまうかも知れない。今は青空が広がって、いい天気である。少し雪かきをしなくてはならない。
新熱帯区のマダラチョウたちのデータ収集をしているが、今週中には、新熱帯区のジャノメチョウたちのデータ収集に移るだろう。開帳を測るだけではなくて、ラベルも書き足すことになるので、時間がかなりかかっている。
915 2019年12月8日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その561 庭造り2019-28」追加
雪が少し降り積もっていた。その新雪に2匹の猫の足跡が付いていた。庭に糞尿をしてゆく悪さをする猫たちである。飼い猫なのだろうが、飼い主は知らんぷりの放し飼いである。来週は、また暖かくなるので、雪はどうなるだろうか。
新熱帯区のマダラチョウたちのデータ収集が続いている。時間がなかなか取れないので、少しずつしか進んでいないが、まだ残っているのは、新熱帯区と東洋区・オセアニア区のチョウたちである。このペースだと、あと4年はかかるだろうか。
914 2019年12月1日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その560 根雪はまだ」追加
雪が僅かに残っている。このあと午後にも雨が降るとのことなので、雪は完全に消えてしまいそうである。でも明日からはまた雪が降り、真冬日も続きそうなのでそろそろ根雪になるのも間近であろう。花壇には、とっくに雪が欲しいときである。
新熱帯区のマダラチョウたちのデータ収集を始めた。新熱帯区のマダラチョウは、東洋区のマダラチョウに比べて小型なので、標本箱にはいっぱい納まっている。ラベルには名前もないので、いっぱいやることがあってやけに時間がかかる。
913 2019年11月24日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その559 庭造り2019-27」追加
昨日、今日と気温が10℃を超え、積もっていた雪はほとんど融けてしまった。雪に埋もれてしまっていた菊も、やっと昨日処分した。まだ元気に咲いていた菊の花は、ペットボトルに挿して、もう少し飾っておくことにした。
日本のサナエトンボたちの画像処理が終わった。次の作業は、乾燥が進んできたので標本のデータ収集である。まずは新熱帯区のマダラチョウたちとなるが、作業は日中だけである。夜は、今まで通り、画像処理をする予定である。
912 2019年11月17日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その558 庭造り2019-26」追加
雪の始まりは、やはり極端であった。3日間続いた雪模様は、今日でいったん終わりを告げる。庭は真っ白になっているが、明日は雨が降る。雪が融けたら、菊を片付けようと思っているがどうなるであろうか。
日本のサナエトンボたちの画像処理が続いている。今年撮った虫さんの写真撮影もしなくてはならないが、ほんの少しなので1時間もあれば終わる予定である。その後、その画像処理をして、同定をすることになる。
911 2019年11月10日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その557 庭造り2019-25」追加
久し振りの快晴である。少し気温が低いが、洗濯物を外干しした。週末には、また一段と気温が下がるようなので、そろそろ外に干すのは最後になりそうである。一年草の大きな花は、今日片付けるつもりである。
日本のサナエトンボたちの画像処理が始まっている。数が多いので、もう暫らくかかるだろう。昨日、今年採集した虫さんたちを標本箱に並べたが、その数、たったの9匹だった。それでもセイヨウオオマルハナバチが採集品に加わったので、良しとしよう。
910 2019年11月3日
雑記帳/ちょっとひと言「気ままにひと言その556 庭造り2019-24」追加
昨晩は雨が降っていたが、今朝は青空が広がっている。一週間の天気予報には、雪のマークが出て来るようになった。庭の冬支度も、あと10日ほどで終わらせておく必要がありそうだ。一年草の花は、まだ花を咲かせている。
新熱帯区のヤンマたちの画像処理が終わり、日本のサナエトンボたちの画像処理が始まった。サナエトンボもそれなりに数が多いので、しばらく時間がかかりそうである。全て終わるのに、来年いっぱいかかるだろうか。
今までの履歴です
 
 
893〜909版:履歴その58
876〜892版:履歴その57
859〜875版:履歴その56
842〜858版:履歴その55
825〜841版:履歴その54
808〜824版:履歴その53
791〜807版:履歴その52
774〜790版:履歴その51
757〜773版:履歴その50
740〜756版:履歴その49
723〜739版:履歴その48
706〜722版:履歴その47
689〜705版:履歴その46
672〜688版:履歴その45
655〜671版:履歴その44
638〜654版:履歴その43
621〜637版:履歴その42
604〜620版:履歴その41
587〜603版:履歴その40
570〜586版:履歴その39
553〜569版:履歴その38
537〜552版:履歴その37
520〜536版:履歴その36
504〜519版:履歴その35
487〜503版:履歴その34
470〜486版:履歴その33
453〜469版:履歴その32
439〜452版:履歴その31
423〜438版:履歴その30
408〜422版:履歴その29
393〜407版:履歴その28
378〜392版:履歴その27
364〜377版:履歴その26
350〜363版:履歴その25
335〜349版:履歴その24
320〜334版:履歴その23
306〜319版:履歴その22
290〜305版:履歴その21
277〜290版:履歴その20
262〜276版:履歴その19
248〜261版:履歴その18
234〜247版:履歴その17
219〜233版:履歴その16
204〜218版:履歴その15
189〜203版:履歴その14
173〜188版:履歴その13
155〜172版:履歴その12
140〜154版:履歴その11
125〜139版:履歴その10
111〜124版:履歴その 9
 96〜110版:履歴その 8
 81〜 95版:履歴その 7
 67〜 80版:履歴その 6
 53〜 66版:履歴その 5
 40〜 52版:履歴その 4
 25〜 39版:履歴その 3
 14〜 24版:履歴その 2
  1〜 13版:履歴その 1
2001年5月14日 ホームページ開設
−開設に当たって−

 2年半前計画したホームページが、ほぼ計画通り(内容は、ともかく)開設に漕ぎ着けることができました。サラリーマンとして、ライフワークである昆虫採集(収集ではありません)の成果として、昆虫館を建てるには、先立つものがありません。まして、訳の分からぬ本を出版することも、正気の沙汰ではありません。ところがです。デジタルの世界が著しい発展を遂げ、インターネットが瞬く間に、普及してきました。私は、そもそも科学文明には、あまり興味がありませんし、金儲けには、全く興味がありません。温もりのある生き物(昆虫をミイラにしているくせに)の方が、好きなのです。生活資金稼ぎのために、やむを得ず電機関連の仕事はしていますが、心の中(頭の中かも知れないが)には、いつもチョウが舞っています。
 そのような経過の中で、I氏からも奨められてホームページの開設に至りました。2年半という期間は、一見長そうですが、私にとっては、ライフワークに費やす時間を差し引くと、あっという間の2年半でした。パソコンさえも興味のなかった人間が、よくぞここまで辿り着けたと感慨深いです。
 多くの子どもたちに、”夢は、まだ輝き続けられる。”ことを訴えたくて(大人の男性には、特にサラリーマンには、全く期待してない)、視力があまり良くないにも関わらず、CRTを凝視続けています。
 いかがなものでしょうか。まだ、画像は非常に少ないです。文章中にも織り込んでゆくつもりでしたが、開設に間に合いませんでした。これから徐々にですが追加していきます(サラリーマン生活中は、余り期待しない方がいいかも知れないが)。また文章は、暫くの間は、以前書いたものが主ですが、内容的には古めかしいものではありません。どうぞ、いつまでも見守っていて下さい。

2001年4月23日静岡県沼津市にて 森みつぐ

Copyright (C) 2001-2019 森みつぐ    /// 開設:2001年5月14日 ///