和歌と俳句

中村汀女

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

かへりみて歩をうながしぬ冬木中

枯蓮の残る茎のみ如何とも

残りたる絮飛ばさんと枯薊

風吹きて鴛鴦いちやうに羽づくろひ

水鳥に投げてやる餌のなき子かな

掃いてある落葉の道がみちびきぬ

走り去る毬さびしけれ銀杏散る

寝ぬる子が青しといひし冬の月

閻王にたちふさがりて時雨傘

子等居ねば子を忘れをり懐手

夫と子をふつつり忘れ懐手

短日の暗き活字を子も讀める

遮断機はとくとく下ろす夜の枯木

氷上に捨てし氷に夕茜

マスクせし夫とものいひ年の市

咳聞え目覚めたる目をつむり居る

葉牡丹を街の霰にまかせ賣る

悴みし銅貨もれなくもらひたり

襟巻の厚き母とて子の転ぶ

降るにビルいつしかに灯を連らね

しげく何か家路の急がるる

童等のふつつり去りし夕落葉

足袋先の冷たさのみにかかはりて

目つむれば倖に似ぬ日向ぼこ

三十三才あとはばたばたと夕餉かな