和歌と俳句

落花

門衛は居らざる如し櫻散る 虚子

花舞うて焦土の電車途絶えたり 亞浪

浪荒く天とぶ落花ひんぷんと 誓子

自転車の過ぎし落花のにはたづみ 誓子

抱いてゆく子のねむりそめ落花かな 槐太

散るさくら孤独はいまにはじまらず 信子

大玻璃の落花大きく現れし 虚子

老一日落花も仇に踏むまじく 虚子

仰ぎ飲むラムネが天露さくら散る 三鬼

主亡し落花流るる門の川 虚子

わらぢ塚花散りやまずあはれなり 万太郎

鈴の屋の年ふる松に花散る日 万太郎

しがらみを落花の水の水のみ過ぐ 誓子

花ちるや病後の眼力なく たかし

楽々と落花途中の櫻かな 耕衣

まづ以て落花の池を円覚寺 万太郎

さばかるる身といつなりし落花かな 万太郎

落花一片吾へと強く衝き来る 誓子

落花とぶ時の外には生きられず 誓子

落花掃くなかれとぞ鎖す御廟かな 青畝

落花舞ひ天下のみだれこれよりぞ 万太郎

電球に昼の黄光ちる桜 三鬼

老眼や埃のごとく桜ちる 三鬼

耳に火の針散るだけの桜>散り 鷹女

夕心落花のつむじわれ人に 汀女

花散るや小金魚どつと市に出で 汀女

眼に捉ふ落花途中の花びらを 誓子

山々に夜も遠近よさくら散る 林火

落花追ふ双ヶ丘に飛び行くを 林火

落花一片くらがりにきてひとり舞ふ 楸邨

風の落花けふの落花が鎮むなり 林火

ちるさくら掛行燈に月心寺 林火

散る花を傘にやすらへやすらへや 林火

花散るよやすらひの傘まだ来ぬに 林火

花過ぎの夜更けて落花一二片 楸邨

光りあるかぎり落花のただよへる 林火