和歌と俳句

山桜

いばら野やさかりとみゆる山櫻 蛇笏

半蔀を上げてお茶屋や山櫻 虚子

今一つ中のお茶屋や山櫻 虚子

山ざくら散りたる石に憩ひけり 青邨

山ざくら日あたれば花消えにけり 青邨

杣の子の木のぼり上手山ざくら 青邨

山櫻又現れて来りけり 虚子

国境の橋の小さし山櫻 虚子

石一つ抛げし谺や山桜 泊雲

山桜白きが上の月夜かな 亞浪

ほくほくと馬がおり来る山桜 亞浪

山ざくら散り来る椎の木かげかな 青邨

湯女がゆく崖に道あり山ざくら 青邨

迷ひきて丹波みちなり山ざくら 爽雨

雨ふれば雫しきりや山ざくら 青邨

茂吉
もえぎたつ若葉となりて雲のごと散りのこりたる山櫻ばな

茂吉
のぼり行く道のべにしてむらぎもの心足らはむ山さくら花

ちろちろと燃ゆる煖爐や山櫻 虚子

中堂よ大講堂よ山櫻 虚子

山桜根本中堂へまがり角 立子

山櫻嶺々の青草香をはなつ 蛇笏

垣間見を許さぬこの扉山桜 久女

バス待つと居ればゆふづく山ざくら 草城

くたぶれて夕やまざくら白かりき 草城

白桜満開にして山桜 石鼎

風に映え泉におそき山ざくら 蛇笏

山ざくら石の寂しさ極まりぬ 楸邨

手を挙げて走る女や山桜 虚子