和歌と俳句

赤染衛門

千載集・春
ふめばをしふまではゆかんかたもなし心づくしの山ざくらかな

千載集・羇旅
思ふことなくてぞ見まし与謝の海の天の橋立みやこなりせば

千載集・哀傷歌
つねよりもまたぬれそひぢたもとかなむかしをかけて落ちし涙に

千載集・恋
かりのぞといはぬさきより頼まれずたちとまるべき心ならねば

物思はぬ人もこよひながむらん寝られぬままに月を見るかな

千載集・雑歌 俳諧歌
けふもまた午の貝こそ吹きつなれ羊の歩み近づきぬらん

新古今集・羇旅
ありし世の旅は旅ともあらざりきひとり露けき草まくらかな

新古今集・恋
心からしばしとつつむものからに鴫のはながきつらき今朝かな

新古今集・恋
いかに寝て見えしなるらむうたた寝の夢より後はものをこそ思へ

新古今集・雑歌
五月雨の空だに澄める月かげに涙のあめは晴るる間もなし

新古今集・雑歌
あともなく雪ふるさとは荒れにけりいづれ昔の垣根なるらむ

新古今集・雑歌
なげきこる身は山ながら過ぐせかし憂き世の中に何帰るらむ

新古今集・雑歌
草分けて立ちゐる袖のうれしさに絶えず涙の露ぞこぼるる

新古今集・雑歌
荒く吹く風はいかにと宮城野のこ萩が上を人の問へかし

新古今集・雑歌
うつろはでしばし信太の森を見よかへりもぞする葛のうら風

新古今集・釈教
夢や夢現や夢とわかぬかないかなる世にか覚めむとすらむ

新勅撰集・恋
たのめつつ こぬよはふとも ひさかたの 月をばひとの まつといへかし

続後撰集・夏
山ふかく 鳴くらむこゑを ほととぎす きくにまさりて おもひこそやれ

続後撰集・釈経
われもなし 人もむなしと 思ひなば 何かこの世の さはりなるべき