和歌と俳句

大江匡房

後拾遺集・春小倉百人一首
高砂の尾上の咲きにけり外山の霞たたずもあらなん

金葉集・春
初瀬山くもゐに花のさきぬれば天の川波たつかとぞ見る

金葉集・春
月かげに花見るよはのうき雲は風のつらさにおとらざりけり

詞花集・春
白雲とみゆるにしるしみ吉野の吉野の山の花ざかりかも

金葉集・夏
いづれをかわきてとはまし山里の垣根つづきにさける卯の花

詞花集・秋
逢坂の杉まの月のなかりせばいくきの駒といかでしらまし

詞花集・秋
夕されば何か急がむもみぢ葉のしたてる山は夜もこえなむ

千載集・秋
竜田山散るもみぢ葉を来て見れば秋はふもとに帰るなりけり

詞花集・冬
山ふかみ焼く炭がまのけぶりこそやがて雪げの雲となりけれ

詞花集・冬
奥山の岩垣もみぢ散りはてて朽葉がうへに雪ぞつもれる

後拾遺集・哀傷
別れにしその五月雨の空よりも雪ふればこそ恋しかりけれ

金葉集・賀
君が代はかぎりもあらじ三笠山みねに朝日のささむかぎりは

金葉集・雑
その夢を問はば嘆きやまさるとて驚かさでも過ぎにけるかな

詞花集・雑
春くればあぢか潟のみひとかたに浮くてふ魚の名こそおしけれ

詞花集・雑
逢坂の関の杉原下晴れて月のもるにぞまかせたりける

詞花集・雑
かりそめのうきよのなかをかきわけてうらやましくもいづる月かな

千載集
水鳥の玉藻のとこの浮枕ふかき思ひはたれかまされる

千載集・哀傷歌
花と見し人はほどなく散りにけり我が身も風を待つと知らなん

千載集・賀
ちはやぶる神田の里のなれば月日とともに久しかるべし

千載集・神祇
いにしへの神の御代より諸神の祈るいはひは君が世のため