和歌と俳句

藤原良経

二夜百首

日を障ふる松より西の朝すずみここには暮れぞ待たれざりける

奥山に夏をば遠く離れ来て秋の水すむ谷のこゑかな

ひとへなる蝉のはごろも厭ふまでまだき秋ある夏の夜の月

ふるさとの板井の清水としをへて夏のみ人のすみかなるかな

かげ深きそともの楢の夕涼みひと木がもとに秋風ぞ吹く

誰が宿に深きあはれを知りぬらむ千里はおなじ霧のうちにて

あとたえてもとより深き山里の霧にしづめる秋の夕暮

秋のきり冬のけぶりとなりにけりまだ炭焼かぬ大原の里

おとづれし木の葉散りぬる果てはまた霧のまがきを拂ふ山風

霧深き明石の沖に漕ぎ行くを嶋かくれぬと誰ながむらむ

むかしより白き衣を打つなれど聲には色のありけるものを

山がつの谷のすみかに日は暮れて雲の底より衣打つなり

衣打つ折しもつらき鐘の音のまぎるる方とならぬものゆゑ

夜もすがら月にして打つ唐ごろも空まですめる槌の音かな

槌のおとは峰のあらしに響き来て松のこずゑも衣打つなり

野か山か遙かにとほき鹿のねを秋の寝覚めに聞き明かしつつ

露ふかき籬の野邊をかき分けて我に宿かるさを鹿のこゑ

紅葉ふく嵐につけて聞こゆなり林の奥のさを鹿のこゑ

稲葉ふく門田の風に埋もれてほのかに鹿のこゑたぐふなり

秋の夜は小野のしのはら風さえて月影わたるさを鹿のこゑ