和歌と俳句

藤原家隆

新勅撰集・神祇
さかきとり かけしみむろの ますかがみ そのやまのはと 月もくもらず

新勅撰集
ひとしれず しのぶのうらに やくしほの わがなはまだき たつけぶりかな

新勅撰集
たがために ひとのかたいと よりかけて わがたまのをの たえむとすらん

新勅撰集
おもひがは みをはやながら みづのあわの きえてもあはむ なみのまもがな

新勅撰集
はるのなみ いり江にまよふ はつくさの はつかにみえし ひとぞこひしき

新勅撰集
ひとしれず しのぶのうらに やくしほの わがなはまだき たつけぶりかな

新勅撰集
たがために ひとのかたいと よりかけて わがたまのをの たえむとすらん

新勅撰集
おもひがは みをはやながら みづのあわの きえてもあはむ なみのまもがな

新勅撰集
はるのなみ いり江にまよふ はつくさの はつかにみえし ひとぞこひしき

新勅撰集
こころから わがみこすなみ うきしづみ うらみてぞふる やへのしほかぜ

新勅撰集
いはのうへに なみこすあべの しまつどり うきなにぬれて こひつつぞふる

新勅撰集
あまをぶね はつかの月の やまのはに いさよふまでも 見えぬきみかな

新勅撰集
いけにすむ をしあけがたの そらの月 そでのこほりに なくなくぞ見る

新勅撰集
いかにせん しばしうちぬる ほどもがな ひと夜ばかりの ゆめをだに見む

新勅撰集
おもひかね ながむればまた ゆふひさす のきばのをかの まつもうらめし

新勅撰集・雑
老ぬれば ことしばかりと おもひこし またあきの夜の 月を見るかな

新勅撰集・雑
おもふこと まだつきはてぬ ながき夜の ねざめにまくる かねのおとかな

新勅撰集・雑
はかなくも けふのいのちを たのむかな きのふをすぎし こころならひに

新勅撰集・雑
いにしへの いくよのはなに はるくれて ならのみやこの うつろひぬらん

新勅撰集・雑
みじかよの まだふしなれぬ あしのやの つまもあらはに あくるしののめ

新勅撰集・雑
いせのうみの あまのまてがた まてしばし うらみになみの ひまはなくとも

新勅撰集・雑
ひかりそふ このまのつきに おどろけば あきもなかばの さやのなかやま

新勅撰集・雑
ときしあれば さくらとぞおもふ はるかぜの ふきあげのはまに たてるしら雲

続後撰集・春
ももしきの おほみや人の 袖の香を かさねて匂ふ 野辺の梅が枝

続後撰集・夏
いくとせか なきふるしてし ほととぎす かみなび山の さみだれの空

続後撰集・秋
たまほこの 道もやどりも しら露に 風のふきしく をののしのはら

続後撰集・秋
をとめこが 袖ふる山の 玉かづら みだれてなびく 秋の白露

続後撰集・秋
はしたかの はつかり衣 露わけて 野原の萩の 色ぞうつろふ

続後撰集・秋
あしひきの 山のしづくに たちぬれて 妻こひすらし 鹿ぞ鳴くなる

続後撰集・秋
あさひさす たかねのみ雪 空晴れて たちもおよばぬ 富士の川霧

続後撰集・秋
しのびわび をののしのはら おく露に あまりて誰を まつむしのこゑ

続後撰集・秋
ふきしをる みねの草木の いかならむ 袖だにたへぬ 秋のあらしに

ふきしほる 野辺の草葉の いかならむ 袖だにたへぬ 秋のあらしに

続後撰集・冬
草の原 かれにし人は おともせで あらぬとやまの 松の雪折れ

続後撰集・冬
雪のうちに つひにもみぢぬ 松のはの つれなき山も くるる年かな

続後撰集・恋
たづねばや 煙を何に まがふらむ しのぶの浦の あまのもしほ火

続後撰集・恋
ながめしと 思ふ心も こりはてず あはで年ふる 秋の夕ぐれ

続後撰集・恋
くれなゐの あさはの野らの 露の上に わがしく袖ぞ 人な咎めそ