和歌と俳句

慈円

新勅撰集・春
はなゆゑに とひくるひとの わかれまで おもへばかなし はるのやまかぜ

新勅撰集・春
ちるはなの ふるさととこそ なりにけれ わがすむやどの はるのくれがた

新勅撰集・夏
ほととぎす ききつとやおもふ さみだれの くものほかなる そらのひとこゑ

新勅撰集・秋
ぬしはあれど 野となりにける まがきかな をがやがしたに うづらなくなり

新勅撰集・秋
夜半にたく かびやがけぶり たちそひて あさぎりふかし をやまだのはら

新勅撰集・秋
もしほやく けぶりもきりに うづもれぬ すまのせきやの あきのゆふぐれ

新勅撰集・秋
むべしこそ このごろものは あはれなれ 秋ばかりきく さをしかのこゑ

新勅撰集・冬
みやま木の のこりはてたる こずゑより なほしぐるるは あらしなりけり

新勅撰集・冬
月をおもふ あきのなごりの ゆふぐれに こかげふきはらふ 山おろしのかぜ

新勅撰集・羇旅
かへりこば かさなるやまの みねごとに とまるこころを しをりにはせむ

新勅撰集・神祇
志賀の浦に いつつのいろの なみたてて あまくだりける いにしへのあと

新勅撰集・神祇
朝日さす そなたのそらの ひかりこそ やまかげてらす あるじなりけれ

新勅撰集・神祇
うけとりき うき身なりとも まどはすな みのりのつきの いりがたのそら

新勅撰集・神祇
わがたのむ 神もやそでを ぬらすらん はかなくおつる 人のなみだに

新勅撰集・釈教
けふののりは わしのたかねに いでしひの かくれてのちも ひかりなりけり

新勅撰集・釈教
さとりゆく 雲はたかねに はれにけり のどかにてらせ あきのよのつき

新勅撰集・釈教
いまはうへに ひかりもあらじ もちづきと かぎるになれば ひときはのそら

新勅撰集・釈教
ゐるちりの つもりてたかく なるやまの おくよりいでし 月を見るかな

新勅撰集・恋
こひしぬる 夜半のけぶりの 雲とならば きみがやどにや わきてしぐれむ

新勅撰集・雑歌
むさしのの はるのけしきも しられけり かきねにめぐむ くさのゆかりに

新勅撰集・雑歌
よしのやま 猶しもおくに はなさかば またあくがるる 身とやなりなん

新勅撰集・雑歌
さしはなれ みかさのやまを いでしより 身をしるあめに ぬれぬひぞなき

新勅撰集・雑歌
とりべやま 夜半のけぶりの たつたびに ひとのおもひや いとどそふらん

新勅撰集・雑歌
もろびとの うづもれぬ名を うれしとや こけのしたにも けふはみるらむ

新勅撰集・雑歌
かつしかや むかしのままの つぎはしを わすれずわたる はるがすみかな

新勅撰集・雑歌
おほたけの みねふくかぜに きりはれて かがみのやまに つきぞくもらぬ

新勅撰集・雑歌
かすみしく まつらのおきに こぎいでて もろこしまでの はるをみるかな